(目や耳になる栄養)体によい牛乳は嘘じゃなかった

牛乳のカルシウムは日本人には向いていないと言われることがあるが、
これはどうなのでしょう?

最近、いろんな健康志向の本がでていて
たとえば、初期癌は治療するとかえってよくないとか
牛乳や卵はかえって日本人はとる必要ないとか・・

牛乳は牛のための飲み物だから、人間の飲みものではないというのも、そうかなとも思うし
エサにホルモン剤が大量に入っているので体に良くないとかも気になるし

牛乳ではなくて豆乳にしたほうがいいなんて、のもあるし・・・

本当に、牛乳について健康に良いかどうかを疑問視するような意見が多いですが・・・?

栄養価が高く用途が幅広くあり、しかも安く優れた食品と言われています。
ただアレルギーなどで飲めない人が確かに多いです。

カルシウムが日本人に向いていないと言う話は
多量のナトリウムがあるとカルシウム排泄が促進されて
日本人は牛乳を消化しにくいと言う説がありそれとごっちゃになっているようです。

牛乳が大量のナトリウムを含む食品では無いのです。

牛乳のカルシウム吸収率は小魚や野菜に比べて高いといわれています。
牛乳が日本人に向いていないかどうかと言うと、
牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素ラクターゼが日本人には少ない という問題があります。

幼児は、乳糖ラクターゼがあるので母乳などを消化できますが
大人になると少なくなって乳糖を分解できず、
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという症状がある人がいます。

これを乳糖不帯症と呼んでいますが
アジア人に多いとされています。

どうやらこの話がごちゃにされているってことで、
そんなに極端に悩む必要もなさそうです。

また、餌にホルモン剤が入っていると言う話ですが、
肉用牛の皮肉を促進するじぎくホルモン剤が話題になりますが混同されたのでしょう。

牛の耳にピアスを付けるようにして投与するもので
海外諸国で利用されていますが、日本では使用できません。

飼育用の合成ホルモン剤については
日本では食品衛生法で基準値が設定されていて、
日本では肥育用のホルモン剤が使用できないことになっていますから
心配がないのですね。

どうも、極端に話をすすめている説があり、その取り締まりがされていないので
どれを信じるか、っていうとことで、
客観的に何事も見ていかないといけないってことになりますね。

コメントを残す