イヤホンで音楽を聞きながら自転車に乗るのは違反ですよ

スマートフォンが流行ってきて気になるのが、イヤホンをして音楽を聞きながら自転車に乗っている人です。

特に危ないと思うのは、女子の夜道でのイヤホン自転車です。

夜道というだけでも、女の独り歩きはちょっと危ないのでは・・・と思っている私ですが、イヤホンをしていては後ろから車がついてきたりしてもわかりにくいですよね。

車が近付いたらわかるでしょ!と思われるかも知れませんが、最近流行りのハイブリッド車などは本当エンジン音が静かで昼間でも振り向いた時に、すぐハイブリッド車がびっくりしたことがあります。

ましてや夜です。

何かあった後では遅いと思うんです。

中にはかなりの音量で聞いてる人もいるし、絶対危ないと思うんです。

自転車

平成24年4月1日から、県道路交通法施行細則が一部改正されて、自転車運転中の携帯電話の使用やイヤホンなどを使用して音楽を聴くなどの行為は禁止となっています。

1回目から罰金をとられるという事はあまりないようですが、一応禁止行為を行うと、罰則として5万円以下の罰金刑に処せられるんです。

音楽で周りの状況がわからず、歩行者とぶつかって死亡させてしまったということもあります。

車は免許があるけれど、自転車は免許がないから罰せられないだろうと思ったら、大間違いです。

完全な交通事故なのです。

自転車は車両であるとの認識をしっかり持って、交通事故防止に十分心がけましょう。

コメントを残す