メガネ市場の眼鏡が激安な理由

ライン魚

メガネ市場って、ほんと、安くて安心価格です。

常にコンタクトのあたしにとって、メガネは代用にあればいいので、ここで十分。

だから、この中で選べばいいんだ、っていうチョイス方法だから、ラクチン。

なので、新しいメガネを買おうというときは、ここに行きます。

さらに、最近自宅近くにメガネ市場の支店ができたので、近くなったから余計に利用しやすくて助かる♪

しかし、、ここってなんでこんなに安いのか?って考えた。

近眼の歴史が長いと、普通、単なる近眼なだけでは終わらない。

乱視にもなるし、度は当然すすむ。

40歳超えれば老眼もでてくるらしい。

父の眼鏡だけど、この3種類のレンズの眼鏡を「メガネドラッグ」で購入。

なんと、全部で7万円近くしたそうだが、この違いを店員に聞いてみた。

「メガネ市場だと、遠近両用の眼鏡も15000円なんだけど、どこが違うの?」

答えはレンズなんだって。

同じ遠近両用でも、レンズの質が違くて実際にメガネをかけてみると
ゆがみが少ないのが高いレンズらしい。

また、遠近の差もなめらからしい。

安いレンズはどおしても、遠近の切り替えがなめらかでないため、目に負担が大きいらしい。
長い時間使っているメガネなら、やはり、なるべく目が疲れないレンズを使用したほうがいい、ということになるので、
そうなると、やはり5万円程度のレンズになり、フレームをプラスすると、7万とか近くになってしまう、という現象である。

はたして、これが正解なのかもしれないが、実際はどうなんだろうか。。。

調査は更に続きますので、また報告いたします。

ライン魚

コメントを残す