角膜潰瘍に要注意!カラコン1年使用OKの消毒はしっかりと!

実は、先月突然目が痛くなりました・・

角膜潰瘍にならないカラコンの消毒方法いつもつけているカラコンを朝消毒液から取り出してつけて、電車に乗っていて、どうしようもなく痛みがあり止まりませんでした。

でも、我慢ができなくなり、コンビニで急いで携帯用のミニ消毒液を買って、結局はずし、更に痛みは激しくなる一方だったので、眼科で診断うけました。

そうしたら、角膜潰瘍って言われ、、、バイ菌が原因が主みたいです@@

毎日消毒しているのに、こうゆうことってあるんですね。

確かに、最近仕事が忙しくて、長時間コンタクト使用の日が続き、実は飲み会の日に朝帰りしたときもコンタクトは20時間くらいつけていたし、そうゆう怠りが重なりなのか、こんな事態になりました。

それ以来、ちょっとコンタクトの使用に非常にデリケートになっています。

そして、朗報です!jillからワンデー使用が新発売しました^^これからはこれ、が安心♪しかも今なら安い!⇒jill(ジル)度ありカラコンが送料無料に!?

角膜潰瘍って失明することもあり・・本当に怖いんですよ。

ちゃんとした消毒をサボらずにしましょう!

たかがめまいと思うなかれ!実は怖い病気が潜んでいます

メニエール病って知っていますか?
耳が原因でめまいがおきるとっても怖い病気です。

昔一緒に住んでいた祖母が年末のお節を作っていたら
急に座りこんだと思ったらそのまま起き上がれなくなりました

意識はあるもののとにかく頭が上がらないと訴えていました。
つまり立ちあがることができなかったのです。

そんな具合ですからトイレに行くのも一苦労。
まるで自衛隊の匍匐(ほふく)前進のように這って行っていました。
トイレに着いたからと言ってもまたトイレに座るのが一苦労。
祖母は「ちょっと疲れているからだけだから大丈夫」と言い張りましたが
病院に行くとそのまま入院しました。

memai

病名は「メニエール病
その時は初めて聞いた病名でびっくりしましたが、調べてみると
耳の内耳(耳の一部)が原因で起こる病気だそうです。

症状は吐き気を伴うようなひどいめまい難聴耳鳴りなどです。
30~50歳くらいの女性に多いそうです。
原因は、ストレスがたまっていたり、睡眠不足が続いた過労状態でなりやすいようです。
たしかに、あの時祖母はお正月の準備ですごく毎日忙しそうでした。

でもめまいがするから全てがメニエール病ではないので注意しましょう。
めまいは

・脳が原因でおこるもの(中枢性めまい)
・耳が原因でおこるもの(内耳性めまい)

があるので、やっぱりこれはいつもとちょっと違うな!と思ったらお医者さんに
行くのが賢明ですね。

片耳が突然聞こえずらくなったらどうする?

T「土曜までかたっぽの耳が聞こえずらかったって言っていたけど、もう大丈夫なの?[br num=“1”]
耳完全復帰なのかな?」[br num=“2”]

Y「はい、今回は、一週間?・・・ 2週間で治ったのです。でも、結局は、この病気は原因不明なので、そのうちまた、突発的にやってきます。[br num=“2”]

今までは、その都度、お茶の水の病院に行き、検査して、とりあえず酷くないって言われて、投薬されるだけでした。[br num=“1”]
今回は、仕事が忙しすぎるのもあるけど、病院に行かず、治りました。」[br num=“2”]

T「あまり薬は体のためには飲まないほうがいいから、自然に治るうちは、病院に行く必要がないのでは?」[br num=“2”]

Y「でもね・・・前に、一度、片耳が全く聞こえなくなった時有って、ありゃ、本当に、びびったんですよ[br num=“1”]
  4年くらいまえだっけな・・・そのときは、即、病院に行きました。本当に、怖かったです。[br num=“1”]
   近くの病院にとりあえず行き、検査したら、両耳聞こえない検査結果を言われ、でも[br num=“1”]
  先生も、こんな酷いと会話もできないんだがって悩んでました」[br num=“2”]

Y「 片耳完全に聞こえなかったので、結局薬だされました[br num=“1”]
  それも、強烈な薬でした。[br num=“1”]
http://qq.kumanichi.com/medical/2011/06/post-1765.php[br num=“2”]

ここに紹介されているように、「ステロイド薬」でした。[br num=“2”]

T「ステロイド剤はとっても体に悪いんですよー」[br num=“2”]

Y「いや、突発性難聴になったばあい、この薬を、 発症すぐに投薬したときと遅れての投薬や放置した場合の、結果が全く違うんですよ[br num=“2”]

 発症から一週間以内に投薬したばあいはほぼ治る可能性が一気に上がるのだよ。[br num=“2”]

T「なんだか、 インフルエンザみたいだね」[br num=“2”]

Y「 インフルエンザは放置しててもその後いずれは治るでしょ。[br num=“1”]
 この病気は、それで固まってしまう可能性があるのだよ[br num=“2”]
 
 つまり、、一生聞こえなくなるということです。」[br num=“2”]

T「ええ。・・!そうなんだ(-“-)」[br num=“2”]

Y「なので、突然片耳が聞こえずらくなった場合は、すぐに病院は行くべしなのです。[br num=“2”]

 素人が、 知ったかで自力で放置なんてやると、とんでもない結果を生みます[br num=“2”]

 場合によっては入院なんです。そのくらい緊急性の高い病気」[br num=“2”]

T「知りませんでした・・ 」[br num=“2”][br num=“2”]

※※※検査によって、突発性難聴(トッパツセイナンチョウ)と判明したら、早急な治療が必要になる点は重要なポイントです。突発性難聴を治せる期間は限られていて、突発性難聴というのは、ひと月を過ぎますと、ほとんど治りません。それも、最初の2週間でグンとよくならないと駄目なのです。最初の2週間で良くならない人は、その後の治りが悪く、つまりは、全く元通りにはならない可能性があるのです。ですから最初の2週間がとにかく貴重なのですが、皆さん、急になるものですから、どうしますかというと、予定がギッシリ詰まっていて入院はちょっと、と言われる方が多いのです。ですから、医師としては、「これはあなたの病気で、万難を排しても入院した方がいいとは思うけれども、仕事とどちらが大事か決めてください、というしかないのです。
※※※[br num=“2”]

こちらも参考にしておきましょう。[br num=“1”]
[br num=“2”]
http://toppatu.com/chiryou_kikangenteiteki.html
[br num=“2”]
T「耳が突然聞こえずらくなったり、耳鳴りが続いたり、したら、とにかくすぐに病院で検査すべし、ですね!」
[br num=“2”]
Y「なので、私は、毎回この症状があり、、その後 耳の調子が良くなると、即、好きな音楽を聴いたりします。[br num=“1”]
 もしかしたら、次回こそは、二度と、いい音楽を正常な耳できけなくなるかもしれない、という恐怖があるからです。[br num=“1”]
 いまのうちに聴いておこうって思ってしまうわけなんです」[br num=“1”][br num=“1”]

*****これは、数年前からときどき耳が聞こえずらくなる人と話していた記録です。
[br num=“2”]